コラム

夏と冬に関係なくエアコンを久しぶりに使うときの3つの注意点

久々にエアコンを使用すると、「カビ臭い!」と感じることはありませんか?

春秋はエアコンを付けないことが一般的ですよね。その数ヶ月の間に、エアコンは悪臭を放つようになってしまいます。

久々にエアコンをつけるときに注意したいポイントは3つ。

  • フィルターの掃除
  • 吹き出し口の掃除
  • 送風でエアコン内部を乾燥させる

実は、これらを行なうだけでエアコンを快適に使うことができます。エアコンを久々に利用してみようと考えている人は必読です。

夏と冬に関係なくエアコンを久しぶりに使うときの注意点

  1. フィルターの掃除
  2. 本体の吹き出し口の掃除
  3. 送風運転を3、4時間行ってエアコン内部を乾燥させる

1.フィルターの掃除

フィルター
清掃後のフィルター

久々にエアコンを使うなら、フィルター掃除は必須だと覚えておきましょう。

フィルターは、ホコリを取り除いてきれいな風を送り出してくれます。ここが汚れているのは衛生的にも悪いですし、空調機能も低下します。

フィルター掃除はとても簡単。

▼エアコン内部を開いて、フィルターを取り出し、水で洗い流しましょう。

エアコン掃除を終えた写真
エアコンの内部を開くとこんな感じ

▼汚れがひどい場合は、中性洗剤で汚れを落とすのがおすすめ。

フィルター
シャワーで埃を洗い流す

そのあと、しっかりと乾かしてから再度装着してあげましょう。

こうすることで、ホコリっぽい臭い風を排出しなくなりますよ。フィルター掃除に関しては、エアコンを久々に使い始めるときだけでなく、使い終わるときにも掃除しておくことをおすすめします。

2.本体の吹き出し口の掃除

綿棒
吹き出し口を水拭きしたり、綿棒で綺麗にする

素人ができる掃除として、吹き出し口もあげられますよね。エアコンを久々に使うなら、吹き出し口の掃除も必須と言って良いでしょう。

吹き出し口をのぞいてみると、カビが発生しているのが見えるかもしれません。それを濡れ雑巾で拭き取ってください。

エアコンの羽が取れるタイプなら、羽を取ってしまい奥まで拭き取りましょう。カビの臭いが発生しているなら、軽減させることができますよ。

ちなみに、冬の使い始めは吹き出し口の掃除は必須。真夏の冷蔵は、エアコン内に結露を発生させやすくカビも繁殖しやすいのです。

フィルターと同様に、シーズンの使い始めと終わりに掃除することがおすすめ。

3.送風運転を3、4時間行ってエアコン内部を乾燥させる

完成
送風運転を3〜4時間行い内部を乾燥させる

フィルターと吹き出し口の掃除が終わったら、送風運転でエアコン内部を乾燥させていきましょう。

これは掃除の仕上げ的な項目です。掃除をした際に残った水分や、元々残ってしまっている水分を送風運転で飛ばしていきます。

これを最後に3,4時間行なうだけで、カビの臭いやホコリっぽさがだいぶ変わりますよ。ぜひ試してみてください。

フィルター掃除だけでも行うと節電になる

フィルター
フィルター掃除だけでも行うと節電になる

久々にエアコンを使い始めるときの3つの掃除ポイントを紹介しましたが、中でもフィルターはこまめに掃除することをおすすめします。

それは快適な空気を送り出すためではなく、節電にもなるからです。

フィルターにホコリが大量に詰まっていると、部屋の温度を下げたくてもホコリが邪魔をして、なかなか部屋を冷やしてくれません。そうなると、設定温度を下げたり風量をあげたりしますよね。

こうすることで、どんどん電力を使ってしまいます。

カジアンド
フィルター掃除は健康だけでなく、お財布にも優しいので、やらない理由がありませんね。

関連記事 エアコンクリーニングをすると電気代が1万円もお得になる

-コラム

Copyright© カジアンド , 2021 All Rights Reserved.